ウィンドウを閉じる
サン・フルーツ
伊予柑Iyokan
愛媛県
みかん類×オレンジ類の自然雑種

1886年(明治19年)に山口県阿武郡東分村(現萩市)の中村正路氏の園で発見された偶発実生です。当初は穴門みかん(あなどみかん)と呼ばれていましたが、1889年(明治22年)に松山市の三好保徳氏が原木を購入して愛媛県に導入し愛媛県松山市と松山市周辺でで栽培され、「伊予の国」ということから「伊予柑」と名付けられました。果皮は艶のある濃い橙色で、やや厚いのですが、比較的むきやすく、果肉は柔らかく果汁が豊富で甘酸のバランスがとれ濃厚な味わいです。

生産時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                                                                       
  走り     なごり *収穫状況により取り扱いの無い場合もあります。
生産者の紹介
食べごろの見分け方

新鮮なうちにお早めにお召し上がりください。酸味が強く感じる場合は、常温の涼しい場所で数日保管いただきますと酸味が和らいできます。

保存方法

陽のあたらない涼しい場所にて保管してください。

食べ方

そのまま手で皮を剥いてお召し上がりください。

ウィンドウを閉じる
免费观看女人与狥交,夜夜欢性交免费视频,av激情亚洲男人的天堂,午夜爽爽爽男女免费观看HD